川崎、横浜、世田谷の出張メイクレッスン・メイクセラピー・ヘアメイクはLienzo(リエンソ)

納亜矢子(おさむあやこ)です。

 

みなさんは、メイクブラシをお持ちですか?

b63556708bb40bc111e0f3f76a4bf0ec_s

メイクブラシって、

「プロの人が持つもの」「メイクが好きな人、得意な人が持つもの」

というイメージをお持ちでないでしょうか?

 

私はむしろ、「メイクが苦手」、「メイクを上手になりたい」という方に、

ぜひメイクブラシを持って頂きたいと思っています。

 

(1)メイクブラシが技術を助けてくれる

 

アイシャドウやチークなどを購入すると、

必ず付属のチップやブラシがついてくるとおもいますが、

 

とっても小さいので、

持ちにくかったり、ムラになってしまったりするのです。

 

メイクブラシは、柄の部分が長いので、とっても持ちやすいのです。

 

また、ブラシの毛の量や長さや柔らかさを選べるので、

ふんわりさせたかったり、しっかりのせたかったりを調節できるのです。

 

メイクの技術がなくても、道具が助けてくれるのです。

 

(2)意識が変わる

何事も、道具をそろえると、「できる気がする」ことってありませんか?

 

メイクも全く同じで、

メイクブラシをそろえると、

メイクブラシを持っている自分が、メイクができるような気分になります。

 

「メイクブラシを持っている自分はかっこいい」と思えたりしませんか?

 

ご安心ください。意識が変わると、技術は後からついてきます。

 

 

まず手始めにメイクブラシをそろえるとしたら、

アイシャドウブラシ、チークブラシ、リップブラシ、

最低3本あるといいと思います。

 

慣れてきたら、いろいろな種類をそろえてみるのも

いいかもしれませんね。

 

ぜひ、メイクが苦手、メイクを上手になりたいという方、

メイクブラシを持ってみてくださいね。