川崎、横浜、世田谷の出張メイクレッスン・メイクセラピー・ヘアメイクはLienzo(リエンソ)

納亜矢子(おさむあやこ)です。

 

メイクレッスンや、メイク講座でお客様から頂いた質問で多かったものを、

お答えしていきたいと思います♪

 

春になると、明るい色のカラーを使いたいくなりますよね♪d600e5dc5c86438cc566bb8a1bbf4037_s

 

いつもはアイシャドウはブラウンやベージュなどを使っているけど、

いつもと違う色を使ってみたい。

 

使ってみたい色は?とお客様にお聞きすると、

「ピンク」と答える方が結構多くいらっしゃいます。

 

今日は、アイシャドウについて♪♪

 

日本人の顔の悩み、

「奥二重や一重で目が腫れぼったい」というもの。

 

特に、ピンクを使うと、腫れぼったさが増して、

なかなか使うのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

 

そういう方は、ピンクを瞼全体にのせるのではなく、

目尻や下瞼にポイントで乗せてみたり、

もしくはライン的に使うことをおすすめします。

 

瞼全体に色をのせてしまうと、

瞼全体に赤みが増し、さらに目線を集めてしまうので、

ますます腫れぼったく見えてしまいます。

 

しかし、ポイント使いならば、

目尻や下瞼に乗せると、目が切れ長にすっきりと見えたり、

ライン的に使うと、シャープに見えたりするので、

腫れぼったさが軽減されます。

 

使ってみたい色があるけど、

冒険できないなという色があったら、

ぜひ「ポイント使い」をマスターしてみてくださいね☆★